特徴的な設備

Sriracha Ikuta Dental officeの特徴的な設備

 

的確で安全な歯周病治療を行うためには位相差顕微鏡での歯周病菌の検査が必須です。
位相差顕微鏡検査なしでの安易な歯石取りは歯周病菌を体中にまき散らす危険な行為です。
Sriracha Ikuta Dental Officeでは、まず、位相差顕微鏡でお口の中の歯周病菌の状態を確認して、バイ菌が多い時には除菌治療を先行し、お口の中のバイ菌の状態が良くなった時点で歯石取りを開始しています。
また、子供さんのお口の中も検査することで虫歯リスクや歯周病リスクを確認できます。
日本の多くの先進的な歯科医院では位相差顕微鏡は必須のアイテムとなっています。

デジタルパノラマレントゲン


歯科治療を正確に行うためには、パノラマレントゲン撮影が必須です。全体状態を把握しないで治療を行うことはレーダーや灯台もない状態で船や飛行機を動かすのに等しいのです。

パノラマレントゲンで確認できることは

①骨の中にできているガンが見つかることがあります。
②歯周病菌の繁殖で起きる歯槽骨の吸収の状態がわかります。
③根の先の病気が確認できます。
④歯と歯の間の虫歯がわかります。
⑤歯茎の下の虫歯がわかります。
⑥被せものの下の虫歯などが確認できます。
⑦呼吸の良しあしに関係している舌骨の位置が確認できます。

002

デジタルセファログラム

005

矯正治療を行うためにはセファログラムは必須です。セファログラムなしでの矯正治療はレーダーや灯台もない状態で船や飛行機を動かすのに等しいのです。

日本で矯正治療にセファログラムは必須です。
タイでお子様の矯正を開始される場合は、治療途中での帰国の場合にも矯正専門医へデータをお渡しすることで、専門医も安心して治療を継続できます。

デジタルスポットレントゲン

パノラマ撮影後、特に問題がある部分をスポットで撮影いたします。
Sriracha Ikuta Dental Officeでは被爆量が非常に少ない、デジタルレントゲンシステムを使用しています。

院内感染防止対策


日本で日本口腔感染症学会の認定医資格を有するDirectorの生田の監修により安全・安心な歯科治療を受けていただくための設備をすべて用意しております。

ホワイトニング

007_1
日本で最も先進的で確実なホワイトニングの術式を採用しております。

特徴としては
①痛みが少ない
②ホワイトニング効果が高い
③ホワイトニングの時間が短い
④従来の方法よりホワイトニング効果が長期に維持できる(半年ぐらい)
⑤歯周病菌を同時に減少させることができる。

舌圧の検査

日本でもまだ導入している歯科医院はあまりありません。
舌圧検査 1回 350バーツです。
長生きする人に特徴があります。それは舌の力が強いということです。舌の力が強いと、咀嚼がうまくいくだけではなく、寝ているときに舌が気道に落ち込みにくく、呼吸がうまくできて酸素が入るので、健康で長生きと言われています。
また、子供の成長と舌圧の関係が確かめられています。子供なのにいびきをかく、歯ぎしりをする、うつ伏せ寝・横寝になるというのは呼吸が悪い証拠です。早期に改善が必要です。
008

009

口腔内写真の撮影

010

日本では通常診療でもお口の中の写真撮影は頻繁に行います。
それは治療前と治療後の比較検討のためです。
特に矯正治療や歯周病治療では口腔内写真は必須です。
矯正治療の途中で日本に帰国される場合には、矯正開始時のデータが非常に重要になりますので、その記録をすべてお渡しし、次の矯正担当医に引継ぎできるようにいたします。
Sriracha Ikuta Dental Officeでは、ごく最近日本で発売された口腔内撮影専用カメラを使用して撮影を行います。